公私共に私の恩師である後藤正治先生、靖江先生によってこの塾は始められました。(後藤正治先生のHPは[こちら])

 私は中学1年生の途中から後藤先生に英語を学び始めました。当時の私は、後藤先生のナチュラルな発音や文法の詳しい解説に大きなカルチャーショックを受け、英語(語学)も学問なのだと認識し、感動したことを30年以上たった今でも覚えています。

 私の場合は、大学時代の休暇中に数学の指導のお手伝いを始めたのがきっかけとなり、生徒一人ひとりに向き合うおもしろさに溺れて、現在に至っております。私の妻(算数担当)も平野先生も後藤先生から英語を教わりました。(平野先生には私が数学を教えました。数学も英語に負けないくらい優秀でした。)

 高度経済成長時代の最後の世代である私にとっては、多様な価値観や様々な選択肢がある現在の自由な風潮を好ましく思う反面、物事にまじめに取り組む勤勉さや努力、謙虚に学んで行こうとする姿勢を軽んじる傾向を心配しています。

 どんな時代になり、状況がいかに変わろうとも、人間である以上、新しいことを学び勉強に励むことは貴いことと信じます。勉強は楽ではないけれども、一生懸命取り組めば必ず成果は上がります。

 英語や数学、あるいは国語といった限られた分野になりますが、 まじめに勉学に取り組んでいる生徒の皆さん、将来の夢や高い理想を持つ生徒の皆さんのお手伝いが出来ればと、念じつつ日々取り組んでおります。


平野・勝田英数教室
塾長 勝田祐史
Copyright (C) since 2007 平野・勝田英数教室 All Rights Reserved.